2011年03月20日

クリーンエネルギー関連企業銘柄株式購入方法

クリーン・エネルギー市場におけるバイオ燃料、風力、太陽光発電、燃料電池の4分野の売上高は、前年比40%増の773億ドルに達するといわれています。
この4部門の売上高は今後10年で3倍以上拡大し、2017年までに2545億ドル規模に拡大すると予測されています。

そして以下のようなニュースもあります。


米著名投資家のジョージ・ソロス氏は10億ドル(約900億円)をクリーンエネルギー関連の技術に投資する方針。

オバマ大統領が推進するクリーンエネルギー政策は70万人以上の雇用創出につながり、米国の再生可能エネルギー生産は3年間で2倍に拡大する見通。


そのような理由から、今後急成長するだろうと思われるクリーンエネルギー関連企業の株式銘柄を購入したいという方も多いと思います。
バイオ燃料、バイオマス、エタノール、燃料アルコール、地熱発電、水力発電、太陽光発電、風力発電などクリーンエネルギー関連企業の株式購入による投資をする場合は、国内証券会社で購入することができる海外ETFという海外の証券取引所に上場されている投資信託を利用する方法があります。


クリーンエネルギー関連企業の株式海外ETFには以下の海外ETFがあります。


iShares S&P Global Clean Energy Index Fund(ICLN)
iシェアーズ S&P グローバル・クリーンエネルギー・インデックス・ファンド
S&P グローバル・クリーンエネルギー指数の価格および利回りの実績と同等水準の投資成果(報酬および経費控除前)を目指しています。
クリーンエネルギー業界の上場企業を代表する最も流動性と市場性が高いグローバル企業30社のパフォーマンスと連動することを目指しています。
クリーンエネルギーの発電企業、クリーンエネルギー機器・関連技術に関わる企業が含まれています。
クリーンエネルギー業界に含まれるのは、バイオ燃料、バイオマス、エタノール、燃料アルコール、地熱発電、水力発電、太陽光発電、風力発電などの分野です。


上記の海外ETF iShares S&P Global Clean Energy Index Fund(ICLN) は楽天証券で購入可能です。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!
口座開設・資料請求はこちら

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。